読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

フルーツタルトを大人っぽくデコレーションしよう

 

ようやく金曜の夜まで辿りつきました。みなさまお疲れ様でした。

 

f:id:buchineko_okawari:20150620021601j:plain

 

春先に作った無花果といちごのタルトです。

土台は18cm角のセルクルで抜いたパートシュクレ。クレームダマンドを1cmほど流して焼きました。わたしの定番は、ミディ・アプレミディの津田陽子さんのレシピです。

土台の段階で、四角く、薄く焼いたほうがスタイリッシュになる印象。角型セルクルは、チーズケーキ焼いたり、スポンジ焼いたり、カステラ焼いたりと意外と便利に使えます。

 

タルト 私のとっておき

タルト 私のとっておき

 

 

カスタードクリームはないほうが甘すぎず、デコレーションも落ち着きます。土台には、お好みの洋酒入りのシロップを軽く打ってから、直接くだものを並べましょう。

 

f:id:buchineko_okawari:20150620021623j:plain

 

果物は、同系色のものを複数がおすすめ。色のグラデーションがおしゃれな雰囲気に貢献してくれます。最後に、必ずナパージュをたっぷり塗り、刻みピスタチオとミントの葉を飾ればできあがり。


 

f:id:buchineko_okawari:20150620022012j:plain

 

遠くから見ても、薄くて四角いほうが大人っぽい。盛りのいちごは甘酸っぱかったなあと写真を見ながら思い出しています。