読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

自分用のおみやげに旅先で食材を買ってくる:沖縄野菜三種でいろいろ作ってみた

料理

 

先日の沖縄旅行にて、自分用のおみやげに沖縄っぽい野菜を三種類買ってきました。

沖縄っぽい野菜三種

f:id:buchineko_okawari:20150911041825j:plain

左側の緑色はうりずん豆。中央の果物がドラゴンフルーツで、右側がシークウヮーサー。道の駅許田で買ったのですが、どれも一パックまたは一個100円から200円とお手頃な価格でした。

うりずん豆のバリエーション

うりずん豆は、正式名称をシカクマメといい、見た目どおり豆科の植物のようです。

シカクマメ(四角豆、学名Psophocarpus tetragonolobus (L.) D.C.)は、マメ科シカクマメ属多年草(日本では冬季に枯れるので一年草扱い)。熱帯アジア原産。実の断面がひだのついた四角形なのでこの名前がある。学名の種小名も四角形(テトラゴン)に由来する。沖縄では「うりずん豆」「シカクマーミ」、日本本土では「琉球四角豆」といった商標で種苗が市販されている。

 

長さ15cmくらいの若い莢を煮たり[1]、炒め物や揚げ物(天ぷら)などにする。さっぱりした味でくせがなく歯ごたえを楽しめる。さやだけに留まらず、花や葉、熟した豆、そして地下根(芋)も食用になる。

シカクマメ - Wikipedia

直感的には、スナップエンドウと同じ感覚で調理すればよい気がしました。

■ うりずん豆の胡麻和え

f:id:buchineko_okawari:20150911041826j:plain

さっと茹でたうりずん豆を、ポン酢とすり胡麻で和えたもの。見た目よりも癖がなくて、食べやすい野菜です。歯ごたえもいい。

■ うりずん豆サラダ

f:id:buchineko_okawari:20150911041828j:plain

翌朝はもう少しシンプルにサラダに入れてみました。右上です。

 

f:id:buchineko_okawari:20150911041829j:plain

ズーム。塩ゆでしたものをレタス類の中にそっと混ぜましたが、洋風のドレッシングとも合う。コツは茹ですぎないこと。スナップエンドウを茹でるつもりで、ちょっと固めに火を通しましょう。

■ 秋刀魚の付け合わせ

f:id:buchineko_okawari:20150911041831j:plain

最終的にはさっと塩茹でしたものを秋刀魚の付け合せにしました。魚とも合う。ものすごくべんりな野菜なので、本州でも販売してほしい。

ドラゴンフルーツのバリエーション

ドラゴンフルーツとは、なんとサボテンの仲間らしいです。

ドラゴンフルーツ英語:dragon fruit)、またはピタヤ英語:pitaya)は、サボテン科ヒモサボテン属サンカクサボテン等の果実を指す。メキシコまたは中南米熱帯雨林原産。

ドラゴンフルーツ - Wikipedia

見た目が派手ですが、味は淡白。ほんのりと瓜系の甘さがあり、こちらも歯ごたえがさくさくしているところが特徴。

■ ドラゴンフルーツとマッシュルームのマリネ

f:id:buchineko_okawari:20150911041834j:plain

色の面白さを活かして、マッシュルームと一緒にニンニクの利いたフレンチドレッシングで和えてみました。ドレッシングを使うと、仄かだったドラゴンフルーツの甘みが引き立ちます。

■ プルーンとドラゴンフルーツのサラダ

f:id:buchineko_okawari:20150911043423j:plain

もう半分はプルーンと一緒にサラダにしました。右端にちらっとドラゴンフルーツが見えています。ちょっと甘みの強い野菜としてサラダに使うのが気に入りました。

シークヮーサー

シークヮーサーは、ミカン科なのですね。かぼすのような果実です。

 シークヮーサー和名:ヒラミレモン(平実檸檬)、学名:Citrus depressa閩南語酸桔仔)は、ミカン科常緑低木柑橘類沖縄方言で「シー」は「」(あるいは「酢」)、「クヮーサー」は「食わせるもの」(あるいは「加える」)を表し[要出典]、「シークヮーサー」という名称は「酸を食わせるもの」(「酢を加える」)を表す。これは、芭蕉布を織り上げた際にそのままでは固い布をシークヮーサーの果汁で洗浄し、柔らかくしたことに由来する。

シークヮーサー - Wikipedia

 ■ シークヮーサーのカルパッチョ

f:id:buchineko_okawari:20150911041835j:plain

酸味のある果実なので、カルパッチョのレモン代わりに使ってみました。レモンよりもさらに爽やかな風味があり、おいしいです。

■ シークヮーサーシフォンケーキ

f:id:buchineko_okawari:20150911041837j:plain

レモン系であれば、シフォンケーキになるはずと探して作ってみました。シークヮーサーシフォン。甘さの中にキュンと来るような酸味があって、夏の雰囲気が漂います。

まとめ

旅行に行くと、必ずスーパーの生鮮食料品コーナーに立ち寄って、珍しい食材チェックをします。今回は、チェックしたときに気になった野菜を、実際に買ってきて調理してみたのですが、思った以上におもしろく興味深かったです。

次回以降も恒例にしたい。

関連記事

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com