読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

近藤綾乃と手抜き朝ごはん

 

f:id:buchineko_okawari:20151123012518j:plain

最近気に入っている近藤聡乃の「ニューヨークで考え中」。画家(漫画家/アニメーション作家)である筆者がニューヨークでの生活について綴ったエッセイ漫画です。

 

ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中

 

 

この漫画の好きなところは空気感とやわらかな線。読んでいるとこんな風にフラットに自由に暮らせたらいいなと思えてくる。そして、ニューヨークに行ってみたくなります。

 


たま~電車かもしれない - YouTube

 

初めて近藤聡乃を知ったのは、このアニメーション。初期の作品です。このアニメーションを見たときの衝撃は今でもよく覚えていますが、作風としては今の柔らかで優しい漫画表現のほうがより好ましく感じます。

 

f:id:buchineko_okawari:20151123012520j:plain

「ニューヨークで考え中」が好きすぎて、もう一冊購入して友だちの誕生日プレゼントにしました。ブックカバーは、サイレンと犀 (@silentsigh1412) のツイッターアカウントで配布されていた「うつくしい日々」。うちでも使っているお気に入りのグラスとセットで。

 

 

セブンイレブンのネットプリントはプリンター代わりにたまに利用するんだけれど、知らない誰かが登録したデータの予約番号だけを教えてもらってプリントアウトをするという仕組みがとてもおもしろい。手書きの手紙と電子メールのちょうど中間にあるような感覚がある。

 

f:id:buchineko_okawari:20151123012521j:plain

近藤聡乃については、amazonで売り切れだった画集を近所の本屋さんで見つけてしまい、衝動買いしました。勢いでエッセイも買ったので、これから大事に読む予定。

 

f:id:buchineko_okawari:20151123012522j:plain

おまけに、冷蔵庫を覗いたら卵が一個しかなかった日の朝ごはん。二人で一つの目玉焼きを分けあって食べました。青菜はアイスプラント。見た目が多肉植物のようなのでおっかなびっくりでしたが、さくさくした食感で食べやすかったです。

 

akinokondoh.com