読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

2016年 おせちその後

料理 料理-ごちそう

あっという間に三が日が終わってしまいました。明日からのお仕事が始まる前に、三が日のご飯を振り返ってみたいと思います。主に、おせちのバリエーションです。

 

元旦の朝のおせちはこちら。

元旦の夜

f:id:buchineko_okawari:20160103235611j:plain

お重に詰めた分は日中に食べきってしまったので、お皿に盛りつけて雰囲気を変えたもの。あとお餅をお雑煮に入れず、磯辺焼きにしてみました。

 

f:id:buchineko_okawari:20160103235614j:plain

お皿への盛り付けはこんな感じ。汁が出るものは小皿に入れ、ガラス製のおちょこを使って高さを出してみました。焼豚はいっぱいあったので、別盛りに。

 

f:id:buchineko_okawari:20160103235613j:plain

伊勢海老は二尾あったので、こちらは塩茹でにしました。お刺身もいいけど、茹でにはまた別の魅力があってめっちゃ美味しかったです。何もつけなくても十分美味しいのですが、ちょっとだけマヨネーズつけるのもよかった。

二日目のブランチ

f:id:buchineko_okawari:20160103235616j:plain

まだまだ残っているおせちを小さいお皿に盛りつけてみました。お餅は再び磯辺焼き。もう少し上品に盛り付けたいのですが、私が焼いて包むとなぜかひと暴れした後のようになってしまう。磯辺焼きを巻く才能がない…。

 

f:id:buchineko_okawari:20160103235618j:plain

伊勢海老の殻は取っておいて、お味噌汁にしてみました。吸口は三つ葉。海老の出汁が出て美味しかったです。あと見た目が豪華で面白い。

二日目の夜

f:id:buchineko_okawari:20160103235619j:plain

二日目の夜は、余っているお刺身で手巻き寿司。酢飯を用意してお刺身を切るだけなので、お正月のだらだらモードに最適。

 

f:id:buchineko_okawari:20160103235621j:plain

昼も夜もお味噌汁に伊勢海老が入っているという謎の贅沢。この非日常感はくせになる感じがあります。

 

f:id:buchineko_okawari:20160103235622j:plain

そしてわたしは大トロの上に雲丹といくらをのせて、摺りたての生わさびと一緒に巻いて食べるという贅沢をしました。どれもとろける感じでおいしかったです。

三日目の朝

f:id:buchineko_okawari:20160104001819j:plain

最後は、余ったから…と言い訳しつつ、朝からうにいくら丼を食べました。初日のお雑煮に入れたほうれん草が余っていたのでお浸しにして、お味噌汁にはおせちを作る際に出た半端な野菜をすべて千切りにしてごっそり入れました。これで冷蔵庫もすっきり。

 

これで大体用意したものが捌けたので、夜ご飯は外食しちゃいました。久々に毎日ごはんを作ったら結構大変で、毎日きちんと炊事をしている方々を本当に尊敬します(わたしは基本的に土日だけなので)。

 

今年は少しは平日にご飯を作ったり、土日も人間らしい暮らしができたらいいなと思っています。