読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

週末の愉しみ 日本酒魚会

日本酒魚会の概要

f:id:buchineko_okawari:20160528212002j:plain

早起きできる人で集まって築地市場で買い出しをし、買ってきた魚介類でおつまみを作りつつ、日本酒を飲む会です。今回は天気のよい土曜日に7人が集まり、会費3500円(お酒込み)で開催しました。

築地市場での買出し

築地市場での買い出しから参加してくれたのは一人だけでした。会の趣旨とは。しかし、参加した一人がとても楽しそうだったのでよしとします。

買い出しの模様です。変わった魚を買ってみたい衝動もあったのですが、すでにお客さんがいる状態で込み入った調理をするのは難しいと思われたため、手のかからないものを選ぶ方針にしました。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212224j:plain

戦利品です。まずは鰹1/4匹(1500円)と縞海老16尾(1100円)

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212531j:plain

佃權のおつまみ1000円分

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212600j:plain

はまぐりのような大ぶりのあさり1kg(1100円)。同行者のセレクトです。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212643j:plain

岩牡蠣1個100円(合計800円)。残っていたので安くしてもらったもの。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212759j:plain

ちょっとまけてもらった雲丹3600円

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212827j:plain

すきやばし次郎も仕入れをしているという「まぐろ内藤」の本マグロ大トロ。ちょっとまけてもらって一冊4500円

 

f:id:buchineko_okawari:20160528212711j:plain

青果市場にて、ホワイトアスパラ、ヤングコーン、枝豆、長芋と本わさびなど

 

f:id:buchineko_okawari:20160528213045j:plain

青果市場の定松にて、宮崎産と迷ったけど、会費に配慮してフィリピン産を。それでもいい匂い。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528213153j:plain

友人セレクトの日本酒。左は伯楽星の「飛龍」。究極の食中酒だそうで、すっきりした味わい。真ん中は夏限定酒の「七田 夏純」、一番右は「くどき上手」の発泡性清酒「おしゅん」

 

f:id:buchineko_okawari:20160528213708j:plain

差し入れの芋焼酎仕込みのリキュール「赤兎馬柚子」甘めで不思議に飲みやすくておいしかった。

本日のお料理

ヤングコーンのグリル、卵黄の味噌漬け、焼き枝豆

f:id:buchineko_okawari:20160528213949j:plain

ヤングコーンは、ばりばりと外側の皮を剥いた後、数枚残した皮ごとロースターで蒸し焼きにしました。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528214103j:plain

焦げた皮を剥いて塩をつけて食べると、甘くて香ばしくておいしい。旬の味ですね。奥にちらっと見えているお猪口には、二日前から準備した卵黄の味噌漬けが入っています。酒のつまみです。枝豆の写真は撮り忘れましたが、茹でた後、フライパンで軽く焦がした焼き枝豆にしました。

佃權のおつまみ焼き

f:id:buchineko_okawari:20160528214310j:plain

佃權のおつまみはロースターでこんがり焼いてから、柚子胡椒を添えました。ジューシーでお酒がすすむつまみです。

炙りチャーシュー

f:id:buchineko_okawari:20160528214420j:plain

最近試行錯誤しているチャーシュー。今日は豚バラ肉バージョン。前日に作っておいたものを切ってから炙ったもの。肉々しい。

ホワイトアスパラの焦がしレモンバターソース

f:id:buchineko_okawari:20160528214608j:plain

ホワイトアスパラは皮を剥き、剥いた皮とともに柔らかくボイル。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528214701j:plain

上から焦がしレモンバターソースをかけて、ディルを添えました。

蒸し牡蠣

f:id:buchineko_okawari:20160528215009j:plain

牡蠣ですが、最近導入した大鍋を使って蒸すことにしました。

 

本当に大きいやつです。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528215100j:plain

この鍋の中に牡蠣と水と日本酒を入れて、ガスコンロで蒸していきます。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528215313j:plain

蒸しあがり。一個100円なので全く期待していなかったところ、ほとんど縮むこともなくぷりっと大きな蒸し牡蠣ができあがり、テンションが静かに上がる。

あさりのバター蒸し

f:id:buchineko_okawari:20160528215751j:plain

「このあさり、バターでやるといいよ」とお店の人が言っていたので、バターで何とかすることにします。まずは砂を吐かせるために50度のお湯に20分ほどつけておきます。徐々に貝の口が開くのがおもしろい。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528220132j:plain

先ほどの大鍋に日本酒と水を入れ、貝の口が開くまで蒸す。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528220216j:plain

開いたら、お醤油とバターを入れて味を調整する。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528220239j:plain

完成。貝も肉厚でしたが、スープがおいしく、みんなでスープ飲みました。

鰹のたたき

f:id:buchineko_okawari:20160528220531j:plain

山盛りの鰹のたたきです。

縞海老のお刺身、長芋の千切り

f:id:buchineko_okawari:20160528220621j:plain

食卓の様子です。個別に写真を撮り忘れた献立として、右上のほうに焼き枝豆、中央付近に縞海老のお刺身、その左側に長芋の千切りに海苔をかけたもの、があります。わさびは生わさびを好きなだけすりおろして食べる仕組みです。

メインは、大トロと雲丹

f:id:buchineko_okawari:20160528220906j:plain

大トロは一人二切れになるように切りつけ、まずは普通のお刺身として食べました。おすすめは、塩とわさび多めとのこと。どんな食べ方をしても口の中で脂がとろける。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528221152j:plain

雲丹ですが、専用のヘラがない場合にはバターナイフを使うとよいのではないかと思っています。

 

f:id:buchineko_okawari:20160528221227j:plain

築地で買ったおいしい海苔の上に雲丹をのせ、すりたてのわさびをのせ、巻いて食べると大変おいしい。

 

 

f:id:buchineko_okawari:20160529120231j:plain

大トロの残りは、バーナーで表面を軽く炙って。香ばしさが加わって、先ほどとはまた別のおいしさがある。

 

f:id:buchineko_okawari:20160529120317j:plain

わたしは炙った大トロの上に雲丹をのせてわさびで食べましたが、おいしかったとしか言いようがなかった。

生のりの炊き込みご飯と海老の頭の味噌汁

f:id:buchineko_okawari:20160529120449j:plain

締めは、生のりの炊き込みごはんと縞海老の頭のお味噌汁。生のりはご飯の加熱が終わり、蒸しに移行するタイミングで炊けたご飯の上にのせるくらいがちょうどいい。縞海老の頭は、お刺身を食べ終わった後のものを集めて、ロースターでかりっと焼いてからだし汁の中に入れるとよい。海老の味が濃厚にでておいしい。

デザートはフィリピンマンゴーとトリュフのパウンドケーキ

f:id:buchineko_okawari:20160529120926j:plain

お腹がいっぱいになったところで、デザートはフィリピンマンゴー。そして珈琲。マンゴーは甘い中にもちょっと青臭さもあり、これはこれでマンゴーらしいおいしさ。

 

f:id:buchineko_okawari:20160529121705j:plain

差し入れに頂いたパウンドケーキ。赤坂にあるリベルターブルの「Cake aux truffes noire carbados(ケイク オ トリュフ ノワール カルヴァドス)」。トリュフとカルヴァドスの入ったパウンドケーキとのこと。贅沢な味がしました…。

今回の反省と今後の展望

f:id:buchineko_okawari:20160529122825j:plain

今回は、築地市場で買ってきた食材をその場で調理するというコンセプトでやってみたのですが、魚介類は下処理が重要なので、一人で集中して仕込みをする時間があったほうが 料理のクオリティはあがるなと反省しました。

でも、買うものを決めていくよりも、その場で気になったものを買うほうが面白くはあるので、兼ね合いが難しいところです。

次は買い出しから行きたい!という人が多数だったので(本当に朝起きて来てくれるかは微妙ですが)、築地市場が移転する2016年11月までの間にまた企画したいと思います。