読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

巨峰、マスカルポーネチーズ、シャインマスカットの三階建てタルト

お菓子 お菓子-タルト 写真

f:id:buchineko_okawari:20161013232427j:plain

先日、長野在住の友人から巨峰とシャインマスカットを頂きました。大粒でピチピチとしていて、圧倒されてしまう。シャインマスカットは種なしで皮まで食べられる品種とのことで、爽やかで上品な甘さ。巨峰は小さな種がいくつかあって皮も剥く必要があるけれど、ゴージャスな香りと舌の上でとろけるような甘みがあり、大変に美味でした。

f:id:buchineko_okawari:20161013232940j:plain

朝の光の中でいそいそと写真を撮って、お礼の連絡を入れてから、頂いたものをうちで全部食べきるのは難しいなと思いあたり、お裾分けも兼ねてタルトを作ることにしました。

巨峰を焼きこんだタルト

f:id:buchineko_okawari:20161013233306j:plain

ベースのタルト生地(パートサブレ)のレシピは、津田陽子さんのもの。材料も工程もシンプルですが、おいしくできるレシピだと思います。

タルト 私のとっておき

タルト 私のとっておき

 

f:id:buchineko_okawari:20161013233712j:plain

ところでうちには粉ふるいがありません。もう10年以上も味噌漉しで代用しているのですが、今のところ不自由ありません。

 

f:id:buchineko_okawari:20161013233814j:plain

このパートサブレはザクザク香ばしくておいしいのですが、その分ちょっと重いので、タルトの底面にだけ薄く敷きます。なので、作った生地の三分の一だけとりわけ、残りは日付を書いて冷凍してしまいます。一回作ると、あと二回はパートサブレを作らずにタルトを焼けるのでらくちんです。

 

f:id:buchineko_okawari:20161013235320j:plain

パートサブレを型で抜いて空焼きしている間に、クレームダマンドを作ります。材料の構成は、パートサブレとほぼおなじ。

 

f:id:buchineko_okawari:20161014000104j:plain

空焼きしてから粗熱を取ったパートサブレの上に、クレームダマンドを敷き詰め、半割にして種を取った巨峰を、切り口が上になるように並べます。柔らかいクレームダマンドの中に埋め込むような感じです。皮を剥く必要はありません。

 

f:id:buchineko_okawari:20161013235447j:plain

焼き上がり。半分くらい埋もれてしまいますが、致し方ない。

 

f:id:buchineko_okawari:20161013235512j:plain

今回は大人数に配る予定なので、小さめにカットして、一つずつアルミカップにいれました。

マスカルポーネチーズクリームとシャインマスカットでデコレーション

f:id:buchineko_okawari:20161014001233j:plain

巨峰のタルトの上に、マスカルポーネチーズと軽く泡立てた乳脂肪分35%の生クリーム(砂糖とキルシュワッサーで味付けしたもの)をあわせたクリームを絞り出し、半割にしたシャインマスカットを飾り、スライスアーモンドのプラリネをふりかければ、できあがり。

 

f:id:buchineko_okawari:20161014000741j:plain

いつもの野田琺瑯のLサイズタッパーに並べて、冷蔵庫で保存します。

 

f:id:buchineko_okawari:20161014001223j:plain

自画自賛ですが、この組み合わせはなかなかおいしかった。シャインマスカットの爽やかな甘さ、マスカルポーネチーズクリームの濃厚さ、巨峰のタルトの深い甘さと香ばしさがなかなかよいバランス。

思いつきで作った割には美味しく仕上がって、よかったと思います。