読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

2016年 花園神社の酉の市(大酉祭)で熊手を買った

一の酉を冷やかしに新宿へ

f:id:buchineko_okawari:20161113004737j:plain

毎年11月の酉の日に行われる酉の市。前々から気になっていたところ、今年始めて参加してきました。場所は、新宿の花園神社。

東京都新宿鎮座 花園神社

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003626j:plain

参道の入り口に掲げられている提灯の行列。このどこかに我らがデイリーポータルZの提灯があるので、探してみましょう。

名物の見世物小屋

f:id:buchineko_okawari:20161113005143j:plain

出店の中には名物だという見世物小屋が。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003606j:plain

呼び込みのお兄さんに、大きいカメラ持っている人、もっと近くで撮影して!広角側でね!!と煽られて撮影。

屋台のスケール感について

f:id:buchineko_okawari:20161113003643j:plain

急に寒くなった夜だったのに、なかなかの人手。混み合っているけれど、みんなどこか幸せそうな雰囲気だった。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003646j:plain

屋台のスケールがどこも大きくて、大平原のような広さの鉄板の上一面にキャベツを広げて、スジ焼きを大量生産していた。

熊手を買おう、そうしよう

f:id:buchineko_okawari:20161113003615j:plain

さて、お目当ては熊手。熊手屋台の並ぶ界隈では、壁一面にぎっしりと熊手。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003611j:plain

浮遊する熊手。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003621j:plain

おかめと目が合ってしまう。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003651j:plain

金銀朱色と色の洪水。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003708j:plain

どこか違う世界に迷い込んだかのよう。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003658j:plain

落語家さんの立派な熊手。大きな熊手を買うと、露天商が商売繁盛を祈って盛大に手締めをしてくれる。近くにいるとなんとなく巻き込まれて参加することになったりする。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003703j:plain

なんとなく晴れがましい夜。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003639j:plain

買った熊手は袋にしまわず、縁起を担いで、こうして掲げて持ち帰る習わしだそう。

 

f:id:buchineko_okawari:20161113003712j:plain

そう言えば、わたしも商売をしているので、まずは小さく2000円の熊手を買った。さんざん見て回った成果で、なかなか気にいる意匠のものが手に入った。来年は3000円のものを買えるくらい繁盛していればよいのだけれど。

 

お題「秋の夜にしたいこと」