読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

キャラメルアップルクランブルケーキ

キャラメルアップルクランブルケーキ

f:id:buchineko_okawari:20170203010743j:plain

たまには普通のお菓子を作った話も記録しておきます。キャラメリゼした紅玉を混ぜ込み、胡桃入りのクランブルを散らして焼いた、キャラメルアップルクランブルケーキです。

 

レシピは、若山曜子の「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク」より。この本はレシピ本としてはロングセラーとして有名だと思いますが、若山曜子のレシピは再現性が高くて新しい発見が多いので、何冊も所有して試しています。

この本に掲載されているケーキも作りやすくておいしいものが多いので、パウンドケーキ型があるなら一冊持っておいて損はないと思います。

レシピの詳細は本を見ていただくとして、以下はどんな工程で作ったのか、写真をざっくり載せておきます。

作成過程

f:id:buchineko_okawari:20170203010733j:plain

まず、上に乗せるクランブルを作ります。クランブルは、ブラウンシュガー、小麦粉、アーモンドパウダー、胡桃と無塩バターからできています。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203010735j:plain

材料をぐるぐるっと混ぜるとこんな感じのそぼろ状に。写真は2回分。このままジップロックに入れて冷凍しておけば、パウンドケーキやマフィンを焼くときにさっと出してきてふりかけて使うことができてべんり。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203010738j:plain

これはキャラメルアップル。砂糖と少量の水を鍋で熱して、キャラメル色になったら火を止めて塩と親指ほどの大きさに切った紅玉(酸味があったほうがおいしい)を入れて、蓋を開けたまま水分が飛ぶまで煮て、最後にシナモンをふりかけたもの。この状態で食べたいくらいいい匂いがする。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203010741j:plain

ケーキ本体はごく基本的なパウンドケーキの生地です。途中で人肌まで冷めたキャラメルアップルを入れ込み、パウンド型に入れてから上からクランブルをバラバラとふりかけて、オーブンで40分ほどじっくりと焼きます。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203010743j:plain

できあがり。クランブルが香ばしくておいしそうなのですが、実物はふんわりとただよう林檎とシナモンの香りがまたたまらないのです。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203011441j:plain

クランブルが飛び散りやすいので、切るときはできるだけよく切れるナイフで。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203011443j:plain

ちょっとぶ厚めに切るのがおすすめ。

 

f:id:buchineko_okawari:20170203011445j:plain

断面です。軽くてフカフカした生地に煮林檎とクランブルが混ざり合って、しっとりとふわふわとカリカリが同時に楽しめる贅沢なケーキ。分厚く切った一切れをあっという間に食べてしまうので注意が必要です。コーヒーがとてもよく合います。

過去のお菓子

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

お題「今日のおやつ」