読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

フローリングの家には、ルンバよりもブラーバをお勧めしたい

 

ブラーバというのは、ルンバを作っているiRobot社が製造販売している床拭きロボットです。

 

 

フローリングはやっぱりモップがけしたい(けど、作業が面倒すぎる)と考えていたわたしは、日本での販売開始のニュースを見てすぐに購入しました。そして、使ってみたところ、あまりに便利で、それまでフル稼働していたルンバの出番がなくなってしまったのでした。

 

f:id:buchineko_okawari:20150709030541j:plain

ルンバは、保管しても古くなるばかりなので、使ってみたいという友人に譲ってしまいました。今うちの床掃除は、ブラーバ+マキタのハンディ掃除機のみ。非常にシンプルになりました。ブラーバーは「床拭きロボット」なので、カーペットのある家には向かないのですが、全面フローリングなら現時点で最強だと思います。

少しだけその魅力を語らせてください。

ポイント1 とにかく床がきれいになる

f:id:buchineko_okawari:20150709023658j:plain

最大の魅力がこれです。

理由は二つあり、一つ目は形が四角いこと。ルンバは丸いので、どうしても部屋の角には吸い残しの埃が残りがちでした。一方、ブラーバは四角いので、本当に部屋のすみっこまできれいに埃を取ってくれます。

二つ目は、水拭き(うちではウェットシート使用)ができること。フローリングで生活していて、特に動物がいる家では掃除機がけだけではなかなかきれいにならないのです。今は、ブラーバで乾拭き→水拭きの二度がけをするだけで、床がすっきり。足ざわりがとてもよくて気分がいいです。

 

ポイント2 お手入れがラク

f:id:buchineko_okawari:20150709024459j:plain

ルンバの欠点の一つが、ルンバ自体の掃除に手がかかることでした。ブラーバはゴミを吸い取らないので、内部の複雑な掃除は不要です。部品の取り外しは、基本的にこのパッドの部分だけ。

 

f:id:buchineko_okawari:20150709024518j:plain

ブラーバには、乾拭き用のパッドの他に、写真の水拭き用のパッド(透明部分に水を入れて使う)、水拭き用クロス及び乾拭き用クロスが付属していて、クロスはそれぞれ洗濯して何度も使う想定になっています。そう聞くと、洗濯が大変!という気がするのですが……

 

f:id:buchineko_okawari:20150709025120j:plain

商品レビューなどでよく言われているとおり、うちでも使い捨てのフローリングシートとウェットシートを使っています。

 

f:id:buchineko_okawari:20150709025222j:plain

使い方は超簡単で、乾拭き用パッドにシートを挟み込むだけ。

 

f:id:buchineko_okawari:20150709025309j:plain

ブラーバのおなか側にシートを挟み込んだパッドを装着したところ。このまま裏返して運転すると部屋中のほこりをフローリングシートで拭き取ってくれます。ウェットシートも同じしくみで、「水拭き用パッドに水を入れて、洗濯した専用クロスを装着する」といった手間暇をかける必要はありません。

 

掃除が終われば、シートを外して捨てるだけ。あとはときどきブラーバ本体の埃を払うくらい。劇的に楽ちんです。

 

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

 
クイックルワイパー フロア用掃除道具 立体吸着ウェットシート 16枚

クイックルワイパー フロア用掃除道具 立体吸着ウェットシート 16枚

 

ポイント3 駆動音が静か

f:id:buchineko_okawari:20150709025651j:plain

これもルンバとの比較ですが、ルンバは掃除機なので駆動音もそれなりでした。重量があるので壁にどすんどすんぶつかる音も結構ストレス。家にいるときにルンバをかけるといまいちくつろげない感じがありました。

一方、ブラーバはルンバに比べると相当静かです。吸い込む動作がなく、ただ床の上を動くだけなので、ブラーバをかけている状態でテレビを見ても大丈夫。本体が軽いので、壁にどすんどすんぶつかることもありません。わたしは土日の朝、一瞬起きてブラーバをしかけて、二度寝したりしています。全然寝れます。

写真は物静かなブラーバがオラオラ猫に絡まれているところ。静かなのでおしとやか感あります。

 

ポイント4 場所を取らない

f:id:buchineko_okawari:20150709030003j:plain

ブラーバは充電が必要なので、うちでは電源の関係もあってリビングに出しっぱなしになっています。ただ、充電する際に縦置きになるので、あまり場所を取りません。デザインもシンプルなのでそれほどごちゃっともしない。

これも結構気に入っているポイントです。

 

まとめ

最後に付け加えると、ルンバよりもブラーバの方がお値段が安い(市販のフローリングシートを使えるのでランニングコストもそれほどかからない)ので、導入しやすさもあると思います。

 

f:id:buchineko_okawari:20150709031930j:plain

今やうちのフローリングの維持はブラーバなくしてありえません。猫たちも音が静かなブラーバは怖がらない(むしろ積極的にちょっかいを出しにいく)ところも助かります。

 

毎日仕事に家事に忙しすぎる!と思っている方にはぜひ試していただきたい。今まで掃除に費やしていた時間でのんびりできれば、毎日がちょっとだけ良い方向に変わると思います。

 

 

iRobot Braava 380t フロアモッピングロボット 並行輸入品
 

猫動画もどうぞ

buchineko-okawari.hatenablog.com

フォローアップ(2016年11月7日追記)

2016年8月に、新たにブラーバジェットという機種が発売されました。ブラーバジェットは、専用の使い捨てクロスを装着する仕様になっている他、洗剤を前方に噴射するジェット機能などがついているようです。

新機能が少し気にはなりますが、うちは今のところ従来型のブラーバで十分掃除ができていて新機能は特に必要ないため、ブラーバジェットは購入しない予定です。