読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

ぼくの考えた最強の卵かけごはん

 

最愛の食べものの一つである卵かけご飯。今日は、諸説ある卵かけご飯のレシピについて、現時点でのわたしなりのベストを整理したいと思います。

 

予め黄身と白身を分けておく。黄身はおちょこに入れて、半分浸るくらいの醤油と半量のみりんで一晩漬ける(写真は漬けたあとのもの)。冷蔵庫に保管。

白身は別の容器に入れておき、食べる直前にごま油を2〜3滴落とす。ごま油を入れることで、白身の臭みを消すことができます。

※ ブコメでご指摘頂いて調べたところ、特に卵にサルモネラ菌が付着していた場合、冷蔵庫で保存しても割卵後長時間経過すると食中毒のリスクが高くなるようです。そのため、赤字部分を訂正いたしました。卵黄と卵白を分けること自体は問題ないので、一晩漬けずにすぐにお召し上がりください。

f:id:buchineko_okawari:20150615000236j:plain

 

ご飯

土鍋炊きの炊きたてを準備。電子ジャーでももちろん大丈夫ですが、とにかく炊きたてを用意しましょう…!

f:id:buchineko_okawari:20150614235758j:plain

 

トッピング

あると嬉しいトッピングは、海苔とふりかけ。卵かけご飯を美味しい海苔でくるんで食べるのは至福!ふりかけは、築地近長の十二品目の梅ちりめんです。

f:id:buchineko_okawari:20150615000859j:plain

 

卵の食べ方

まず、白身をよく箸でほぐしてからご飯にかけてよーく混ぜます。底のほうまで白身がすべてご飯に絡むように。ご飯が熱いので、白身が半分煮えてふわふわになります。

f:id:buchineko_okawari:20150615001241j:plain

 

次に、醤油みりん漬けの卵黄を中央にのせて、ざっくりと混ぜます。全部をいっぺんに混ぜるよりも黄身の主張が強く、濃厚な味わいになります。

f:id:buchineko_okawari:20150615001245j:plain

 

一手間かけるだけで、いつもの食材が贅沢に。

なお、他にもおいしい卵かけご飯レシピあるよ!という方は、ぜひコメント欄にてお知らせください。まだまだ探求したいと思います。

 

おまけ

その他のおかずは、左からミニトマトの中華風サラダ、鯵の蒲焼き、蕪と胡瓜の一夜漬け。甘い辛い酸っぱいの組み合わせも最強ですね。

f:id:buchineko_okawari:20150615001249j:plain