読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

1人会費2000円で手打ちパスタパーティーをした話

料理 お菓子 お菓子-タルト

 

シルバーウィーク中はほとんど仕事をしていたのですが、土日だけはぎりぎり休めたので、会費制で手打ちパスタパーティーをしました。
結構豪華な食材を使ったのに、1人予算2000円(ただしお酒は持ち寄り)で喜ばれたので、記録しておこうと思います。

材料と費用

1. 築地で仕入れた魚介類とお肉

f:id:buchineko_okawari:20150923165844j:plain

雲丹     一箱4,000円(うち2/3使用なので3,000円くらい)
スズキ    一匹900円(うち半分使用で450円)
ぼたん海老  二匹で700円

ミートソース用牛肉  200gほどで1,300円

2.  近所肉屋で仕入れたA5和牛

f:id:buchineko_okawari:20150923165916j:plain

900円/100gのステーキ肉を450gほどで、4,000円。

3. 手打ちパスタの材料(小麦粉、卵)や野菜など

逆算して、合計で6,500円分くらい買いました。

4. 参加人数割り

以上で材料は合計16,000円也。

参加者は8人だったので、1人2,000円の会費になりました。

下準備

1. 和牛のミートソース

f:id:buchineko_okawari:20150923165846j:plain

前日に作っておいたのは和牛のミートソース。食感を良くするために、細切れ肉を手で刻んだものを入れてみました。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165848j:plain

まずは、フードプロセッサーで刻んだ野菜を牛脂でゆっくりと炒めて、

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165850j:plain

別のフライパンを使い、刻んだ牛肉(ひき肉も混ぜています)をよく焼き付けます。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165857j:plain

二つを合わせて、トマト缶をフードプロセッサーで砕いたものを加えて煮込んだものがこちら。レンチンしたとうもろこしも加えました。

2. 手打ちパスタ

f:id:buchineko_okawari:20150923165854j:plain

今回用意したパスタ生地は三種類。薄力粉と強力粉を半々にしたもの、強力粉ベースに全粒粉を配合したもの、デュラルセモリナ粉100%のもの。色が微妙に違います。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165852j:plain

基本の配合は、粉200g、卵2個、塩小さじ1/2、オリーブオイル小さじ1。これをよく捏ねて一晩置きます。ただ、結果から言うとちょっと水分が多かった気がするので、次はもう少し水分を控えめ(卵の量を粉の1/2量にする)で作ってみたいと思っています。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165859j:plain

翌日がこちら。粉200g分の塊を4つに切り分けてパスタマシンにかけていきます。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165901j:plain

全粒粉入りの生地はお蕎麦っぽい。7メモリ、5メモリ、2メモリの順に通してから、スパゲッティーニの細さに切り分けたところ。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165903j:plain

デュラルセモリナ粉入りの生地はフェットチーネにしました。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165904j:plain

小麦粉で作った生地は、1メモリでうすーく延ばしてからラザニアに。昨日作った牛肉のミートソースをたっぷり乗せ…

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165906j:plain

固めに作ったホワイトソースと重ねて、パルメザンチーズを削りかけたところ。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165855j:plain

こちらは、自家製のリコッタチーズと茹でた小松菜を刻んだもの、卵黄を合わせて作ったフィリング。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165907j:plain

友だちが持ってきてくれたラビオリの型を使って、リコッタチーズ入りのラビオリを作りました。上は、全粒粉の生地を使ったトロフィエというパスタです。

当日のメニュー

f:id:buchineko_okawari:20150923165910j:plain

アミューズは、いちじくの上に生ハムを乗せたもの。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165912j:plain

野菜も食べねば。ということで、山盛りサラダ。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165909j:plain

もっちもちのラビオリには、和牛のミートソースをかけました。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165913j:plain

トロフィエには、青じそを使ったジェノベーゼソース。さっぱりとした和風の味付けです。

 

f:id:buchineko_okawari:20150924010141j:plain

スパゲッティーニを使ったスズキのペペロンチーノ。あと写真を撮り忘れたのですが、ボタンエビで作ったアメリケーヌソースをフェットチーネに合わせたものも出しました。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165915j:plain

じゅわっと焼いたラザニア。 ここでパスタ食べ過ぎでお腹いっぱいという声が上がったので、致し方なく…

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165918j:plain

A5和牛をミディアム・レア気味に焼いたものをお出ししました。美味しいお肉は脂が蕩けるんですよね。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165925j:plain

お腹が落ち着いたところで、生雲丹をたっぷり使ったクリームソースのフェットチーネをお出ししました。すごい満足感でした。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165920j:plain

デザートは、ネクタリンをパイ生地で包んでざっくりと焼いたもの。素朴なお菓子ですが、目の前で包んで焼き上げるところがごちそう。

 

f:id:buchineko_okawari:20150923165922j:plain

酸味がほどよく、お腹いっぱいの締めくくりにちょうど良かったです。

まとめ

使った食材に比べて会費が安めに上がった理由は、主食のパスタを粉から作ったのと、魚介類を市場で買ってきたのが大きい気がします。

手打ちパスタは始めたばかりなのですが、奥が深くてはまってしまいそうです。

この後、早速ガルガネッリ(薄いペンネのようなパスタ)にも挑戦してみたのですが、それはまた別の記事に書きたいと思います。