読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶち猫おかわり

料理ときどきぶち猫二匹

ジャンボマッシュルームのアヒージョ仕立て

ジャンボマッシュルームを買いました

f:id:buchineko_okawari:20170301012534j:plain

近所のスーパーにて、おっと思うくらい大きいきのこが売っていたので、買いました。ジャンボマッシュルームというものらしいです。300円くらいだった。

これをどうやって食べようか、少し考えてみたのですが、マッシュルームであればアヒージョにするとおいしいはずと思いまして、やってみることにします。

マッシュルームをオーブンで加熱する

f:id:buchineko_okawari:20170227021420j:plain

マッシュルームは、土等がついているようであれば払ってから、軸の部分をざっくり取り外します。傘が崩れるとイマイチなので、あまり無理はせず、断面の固い部分が外せていればよいです。

傘の裏側のヒダヒダが見える状態で耐熱皿に入れて、表面に軽く塩をふってから180度に予熱したオーブンに入れます。大きさにもよりますが、30~40分くらいかけてじっくりと火を通します。

アヒージョのオイルを作る

f:id:buchineko_okawari:20170227021443j:plain

マッシュルームをグリルしている間に、アヒージョのオイルを作ります。先ほど外したマッシュルームの軸部分(固いところは取り除く)、ベーコン2~3枚、にんにくひとかけを全てみじん切りにして、小鍋に入れます。このとき、みじん切りのサイズが小さいほどできあがりがこなれた雰囲気になる(個人の感想)ので、そういう風にしたい人はがんばりましょう。

 

f:id:buchineko_okawari:20170227021535j:plain

かぶるくらいのオイル(グレープシードオイルを使いましたが、オリーブオイルやサラダオイルでもよいです。胡麻油は避けた方がよいでしょう)を入れて、弱火でじわじわと温めます。強火でやるとにんにくが焦げたりするので、心を落ち着けて少しずつ加熱するのがコツです。

時間にして15分から20分くらい。最後にバターひとかけを加え、味をみて薄ければ塩をふります。このとき、塩は少し強めのほうがおいしいです(ほとんど味のついていないマッシュルームと一緒に食べるため)。

もりつけ

f:id:buchineko_okawari:20170227021555j:plain

この手順で作ると、オイルが出来上がった頃にマッシュルームの加熱も完了するしくみになっています。加熱後のマッシュルームはこんな感じ。全体的にしなしなっとして、傘の中にたまった黒い汁が邪悪に見えますが、おいしい部分なので捨ててはいけません。

 

f:id:buchineko_okawari:20170227021657j:plain

オーブンから出したてのジャンボマッシュルームの上に、加熱しておいしい匂いのするアヒージョのオイルをザバーッとかけます。基本的にはこぼれないようにしつつ、最後ちょっとこぼれてしまっても問題ありません。ジャンボマッシュルームから出た黒いスープと透明なオイルが混ざり合うところが美しくて見どころです。

 

f:id:buchineko_okawari:20170227021823j:plain

という訳でできあがり。ジャンボマッシュルームは、適当にナイフで切り分けてグリルした際に出たスープとアヒージョオイルをたっぷりと付けて、ベーコンと大蒜と一緒に食べます。

 

f:id:buchineko_okawari:20170227021841j:plain

肉厚で、ステーキを食べているような気分。にんにくの香り、ベーコンとバターの旨みときのこの食感が相乗効果で、簡単なのにめちゃくちゃおいしい。

 

f:id:buchineko_okawari:20170227021859j:plain

残ったオイルにも素材の旨みが溶け出しているので、最後はパンで拭って食べきるのがお勧めです。

 

f:id:buchineko_okawari:20170301012743j:plain

一緒に作ったTボーンステーキの低温調理については、また次回に書きます。

現場からは以上です。

関係のありそうな過去記事

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com